体重が増える原因はシンプルである事が多い

何故体重が増えるのか分からないという人も多いようですが、体重が増える原因は実にシンプルです。体重が増えたり、減ったりするのは、摂取するカロリーと、使うカロリーとの兼ね合いです。

運動量が足りないか、たくさん食べているかのどちらかです。他人と比較して自分が大食いかどうかを考えるのではなく、体内で消費しているカロリーより多くの食事を摂っているか否かが、体重増加の判断基準になります。

じゃあ、どうすればいいかといえば、運動などで消費エネルギーを増やす、もしくは食事を減らすことです。摂取カロリー量を制限するようなダイエットは、身体が停滞期に入ることもありますが、構わず続けるようにしましょう。ただし、ある程度まで体重が落ちたら、そこからは食事制限によるダイエットは中止しなければなりません。

ダイエットのために食事制限を行えば、体重をスムーズに減らすことが可能ですが、栄養が欠乏してしまうことがあります。極端な食事の制限の仕方を続けていると、身体的なトラブルが起きることがあります。

積極的に運動をして体が消費するエネルギーを増やしたほうが、食事制限よりも体にいい痩せ方ができます。きつい運動をせずとも、気軽にできるくらいの運動を続けて、エネルギーを使いましょう。体重がどうして増えるかがわかれば、増えないようにするにはどうすべきかがわかります。

ダイエットに挑戦したことがある人の中には、一時的に痩せることができたけれどリバウンドしてしまったという人もいるでしょう。ダイエットにつきもののリバウンドは、そもそもダイエット方法が間違っているから起きてしまうものなのです。

どんなダイエットをするか事前にきちんと考えて、リバウンドを起きにくくしましょう。リバウンドが起きる原因として、身体に負荷のかかる短期間のダイエットをしたからという側面があります。体重が急激に落ちると脳には危険信号が点り、摂取した栄養を効率的に吸収しようとし始めてしまいます。

食事の分量を少なくして、摂取するカロリーを少なく抑えることは可能ですが、カロリー供給が途絶えたと察知した体は吸収力も高めてしまいます。体重の減りをゆっくりめにして、極端な痩せ方をしないことが、リバウンド予防では大切になります。

せいぜい1ヶ月に2キロ程度から3キロぐらいまでの体重減というのが理想的であり、リバウンドを防止するには最適のスピードです。ダイエットのために、短い期間に一気に体重を減らすと、ちょっとしたきっかけでリバウンドします。

ダイエットをして、リバウンドを起こしてというサイクルを続けていると、体重が減りにくくなる上に、むしろ体重が増えやすくなります。痩せない体になるのを防止するためにも、早い段階から自分でダイエットのスピードをきちんと管理するべきなのです。リバウンドの予防は難しいものではありません。時間をかけて少しずつ痩せていくことが大事です。

投稿日: