食事制限によるダイエット方法は失敗しやすいのか

どうすれば体重が少なくなるかを理解した上で食事を減らすことが、食事制限ダイエットでは大切になります。食事で得るカロリーより、消費するカロリーのほうを多くすることが、食事制限ダイエットの主旨です。

人が生きていくために使っているカロリーは、食事量に関係なく常に同じくらいだろうと思っている人もいます。過度な食事制限を行うと、逆にダイエット効率が上がらないことがあります。身体に負担の大きい食事制限をすると、生きるために必要なエネルギーが足りずに基礎代謝が下がります。

基礎代謝は、生きていくために絶対に必要なエネルギー分のことであり、じっとしていても使われていくエネルギー量です。基礎代謝が高い人ほどダイエット効果が得やすいということになりますが、食事量を減らすと基礎代謝が下がるので、ダイエットしづらくなります。

基礎代謝が低い身体は、食事を減らしても、体が使うカロリー量自体が少なくなっているため、余剰カロリーが脂肪になってしまいます。身体が消費するカロリーが減っている時に、以前の食事量を摂取すると、使い終わらなかったカロリーが脂肪になります。ダイエットのために食事制限をする場合、段階的に食事の量を減らしていったほうがいいようです。

短期間で急速に食事を少なくするのではなく、身体の状態をチェックしながらちょっとずつ食事を少なくしていきます。一気に食事の量を少なくすると、お腹がすいて精神的にもストレスが貯まりますが、ちょっとずつならさほど苦に感じずにダイエットを継続していくことかが可能です。

ダイエットにと食事制限をする場合、一時的な効果が出たとしても、挫折する人が多いようです。食事制限と言われた時に真っ先に連想するのは、キャベツだけダイエットや、豆腐だけダイエットなどの単品ダイエットです。

ダイエット頑張りすぎて、絶食すれすれの食事制限をしたことがあるという人も少なくありません。体への負荷が大きすぎるダイエットをした結果、お肌の吹き出物が増えたり、ホルモンの調子が悪くなったりという人もいるようです。

ダイエットのために食事制限をする場合でも、体に無理をかけすぎないように配慮することが、結果的には効果的です。最初のポイントは食事を夜8時までに済ませることで、これはよく知れらていることですが、意外とできていない人が多いようです。夜、眠りにつく時に、体の中に不要なカロリーが残っていると、眠っている時に中性脂肪になって体の中に貯め込まれます。

血糖値の上昇を防ぐことを意識して食事を摂ることも、ダイエットに有効です。血液中の糖がふえると、インスリンが分泌されて血糖値が下げられますが、この時に空腹感を強化する効果があります。

人間の食欲は、胃が空っぽかどうかより、インスリンホルモンが脳を刺激することが起きやすいといいます。たくさん食べていても、空腹感があるうちはもっと食べたいという気持ちになりますので、食べ過ぎによるカロリーオーバーの要因になります。食事の時間管理と食事内容の見直しをして緩やかに血糖値を上げることが、無理のない食事制限で効果を出すためのポイントです。

投稿日: